10月20日(木) プログラム
 
13:15~13:20
開会挨拶  
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
中部支部運営委員会 委員長
株式会社豊田自動織機 取締役副社長
佐々木 一衛
13:20~13:35
これからのロジスティクスのあるべき姿 『ロジスティクスコンセプト2020』
公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会
JILS総合研究所 所長
佐藤 修司
13:35~14:35
事例発表5   「日本型インダストリー4.0とロジスティクスの革新
~企業と顧客をつなぐ新たな貢献~」
株式会社ローランド・ベルガー 代表取締役社長 長島 聡 氏
● 急速に進むビジネスのデジタル化の動向
● 日本型インダストリー4.0 ―現場による顧客起点の付加価値創出―
● ものの流れのデータの生み出す新たな付加価値
休 憩
14:45~15:45
講演1   「荷主と陸運企業とのリレーションシップ」
アイカ工業株式会社 物流部長 安川 浩保 氏
● 「物流抜本改革」における荷主主導による自社配送ネットワーク再構築
 ・ 荷主がするべきことと物流事業者がするべきことの切り分け
 ・ 荷主主導による改善の取組みの重要性
● ABC分析による長時間労働の解消及び乗務員不足等の改善
 ・ データ活用による輸送体系、物流システムの効率化
休 憩
15:55~16:55
講演2   「DHLイノベーション
~新しい技術を活用した物流革新への取組み~」
DHLサプライチェーン株式会社
ビジネスディベロップメント 日本・韓国担当 執行役員
田村 英己 氏
● 5~10年以内に物流に影響を及ぼすトレンドとは?
 ・ DHLトレンドリサーチおよびDHLロジスティクス・トレンドレーダー2016について
● 新しい技術を活用したパイロットテストについて
 ・ UAV(無人航空機/ドローン) ・ 需要予測に応じたロジスティクス
 ・ ビッグデータ   ・AR(拡張現実) ・ ロボティクス&オートメーション
 
 
各地区イベント
ロジスティクス全国大会2016 関西物流改善事例発表会2016 中部ロジスティクス講演会2016 九州ロジスティクス講演会2016

  公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会 JILS総合研究所 〒105-0022 東京都港区海岸1-15-1 スズエベイディアム3F TEL:03-3436-3191 FAX:03-3436-3190